『THE WORK』
#覚醒スキル
No.
062
2020/11/15

『THE WORK』

著  者
バイロン・ケイティ, スティーヴン・ミッチェル

生きていると、ストレスを感じることや、苦しいことが起こります。


しかし、たとえストレスを引き起こす原因が「他人」だったとしても、

『誰であっても自分の苦しみに終止符を打つことができる』

というのが本書のテーマです。

まず『起こってしまった現実は変わらない』ということを理解します。
言い換えると、現実を事実して把握することをします。

この事実の炙り出しをアシストするのが、『人生を変える4つの質問』です。



まずはじめに自分の現状を書き出します。

例えば、怒りを感じているのなら、誰に対して怒りを感じているのか?何に対して怒りを持っているのか?

これらを明らかにします。


そして、次に、4つの質問を投げかけます。


①『それは本当でしょうか?(はい/いいえ)』
②『その考えが本当であると、絶対言い切れますか?(はい/いいえ)』
③『そう考えるとき、(あなたは)どのように反応しますか?』
④『その考えがなければ、(あなたは)どうなりますか?』

このように4つの質問をすることで、目の前の現実がより鮮明に浮き彫りとなってきます。


そこから『置き換え』をおこないます。

例えば、

「あなたはもっとわたしの話を聞くべきだ」という文章を

「わたしはもっとわたしの話を聞くべきだ」というように


他にも「内容を反対」に置き換えるパターンも紹介されています。
あくまで、これらは基本パターンであり、他のやり方もあります。


このワークをしていると、主観的だった観点が、客観的となり、見えていなかった事実や感情が見えてくるようになります。


すると、抱えていたストレスや苦しみが和らぐだけでなく、目標へ向かうエネルギーへと変換されることも生じます。



怒りをそのまま放っておきますか??
それとも目標へ向かう原動力へと変えますか??


その他、気になるキーワードは
「4つの質問」「置き換え」「平和」「現実と闘っている」「自分のストーリー」「依存」「裁く」「問いかけ」「仕事とお金」「ビリーフ」



起こってしまった現実は変えられません。
しかし、その現実の解釈は変えることができます。


自分を苦しめる現実から解放されたいのなら、手に取ってもらいたい1冊です。